妻高だより 5月号

  • 2016.05.20 Friday
  • 14:11
妻高だよりを発行しました。
今回は
 ・入学式
 ・近畿宮崎県人会来校
 ・PTA総会
に関してです。
PDF版をクリックしてご覧ください。
なお、データ量が大きくなりますので、ご注意ください。

PDF版

平成28年4月 妻高だより

  • 2016.04.15 Friday
  • 15:12
4月発行の妻高だよりです
今回の内容は
 校長よりご挨拶
 介護福祉士国家試験結果
 新任の先生紹介
 近年の進路状況
です。ぜひご覧下さい。

*リンク先(写真クリック先)に飛ぶと大きな画像が出てきます。
通信量が他の写真より大きなものとなりますので、ご注意下さい。


PDF版

「地域の子どもを地域で育てる・・・」

  • 2013.10.03 Thursday
  • 17:12
 

 

 

「西都は、教育を大切にする土地柄です。

  そして、また、文化・芸能方面にとても造詣の深い方々が

  数多くおられるんですよ。」



妻高におられた国語の先生のお言葉です。


確かに、私にも、思い当たる節は多々あります。

 





西都・児湯で生まれた子どもたちが

地元で成長してくれることは、


西都・児湯の『将来』に直結します。

 





「日本の食と農を守る地域社会」


「高齢化社会に対応した人にやさしい地域社会」


「子育てをしやすい地域社会」

 





妻高は、そうした地域の方からの期待に応えられる学校を目指します。

 




昨日実施された第5回聖陵セミナーの様子です。

 

英語は、「不定詞」の学習です。 



パワーポイントを使って、ポイントをわかりやすく説明していきます。


(かなり、難しくなってきたようです。)



 

 

 

数学は、「2次方程式」の学習です。

座席は、4人1グループになっており、時々、話し合いの時間が設定されます。


(異なる中学生同士のグループですが、ずいぶん、うちとけてきた感じです。)



 

 

 

今朝も早朝から、あいさつ運動に参加してくださった2年2組の保護者の皆様。



ありがとうございました。

 

 

 

 

7時25分には、ほぼ、生徒は登校完了。


(やれやれ・・・と思っていると、)

 





50mぐらい先から、

「おっはよーございまーす。」と、いつもの元気な挨拶の声。




妻北小学校の児童の皆さんです。

先頭の班長さんでしょうか。


「みんな、ほら、あいさつして・・・」と登校班の下級生に諭します。




つられて、

下級生も、「おはよーございまーす。」



(この声が、実に大きく元気がよいのです。)

 

「はーい。気をつけて・・・いってらっしゃーい。」



不思議なものです。

子どもたちの声に大人の方が元気をもらいます。

 

 

『地域の子は、地域で育てる。』

妻高として、西都・児湯地区のために何ができるのだろうか。・・・



そう思う、この頃です。






「総体に向けて」

  • 2013.05.29 Wednesday
  • 19:38


6月1日(土)に始まる今年の総体。

各部部長の意気込みや活動状況について、ご紹介します。


まずは、弓道部。

実績では、近年の妻高トップ。


顧問は児玉幸浩先生、西山久瑠美先生のお二人です。 



部室には、溢れるほどの賞状やトロフィー。


毎年、上位進出を期待される中、

すさまじい努力をしている生徒たちです。


監督の井上様、コーチの大塚様のご指導のもと、

輝かしい成績を誇りますが、

中でも、

平成20年の全国高校総体では、

女子団体で全国制覇を達成。


団体は、5人×4射の計20射で、的に当たった数を競います。


試合中の会場は、息を飲むような独特の静けさが漂います。

矢が放たれる一瞬の音の後、独特の手拍子や歓声・・・。


上位を目指す弓道部は、この緊張感に挑みます。



弓道部男子 部長 濱砂 新太郎君(3年 穂北中出身)

「昨年は、3位という残念な結果だったので、

 今年こそは九州・全国大会に出場できるよう頑張ります。」


弓道部女子 部長 酒井 菜南子君(3年 妻中出身)

 「今年は、経験者である1年生も多く入部し、

  共に総体に向けて頑張ってきました。

  2年ぶりの九州大会、そして、全国大会を目指して

  頑張りたいと思います。」




 


ソフトテニス部。

顧問は、花田吉博先生と山村優李先生です。

(山村先生は、見た目もプレーも

 華麗な現役バリバリのプレーヤーです。)


昨年は、男子が総体で県のベスト8に進出。

粘り強い戦いで、好成績をあげました。

生目の杜運動公園で6月1日に個人戦。

2日から団体戦が行われます。


ソフトテニス部男子部長

左: 押川 大将君(3年 都於郡中出身)

 「個人戦は、悔いの残らないよう

  3年間やってきたことをすべて出しきりたいです。

  団体戦ではチーム一つとなり目標のベスト8以上に入りたいです。」



ソフトテニス部女子部長

左: 川上 知奈津さん(2年 妻中出身)

 「自分たちのベストを尽くしてがんばります。」




水泳部。

昨年は、女子800mで2位に入るなど好成績をあげました。


本校には県内でもめずらしい50mプールがあります。



昔は、学校敷地の北にある“ババ池”で泳いでいたとか・・・。


当時は、県内で何度も優勝したそうです。

(今でも、当時の飛び込み台がありますよ)


顧問は、県水泳専門委員長をされている山口宗英先生です。


先生は本校OBで、現役当時は、

平泳ぎの県チャンピオン。

全国でも有名なスイマーだったのですよ。


水泳部部長  甲斐 遼 君(3年 三納中 出身)

「総体での目標は自己ベスト記録を更新することと
 

 決勝進出です。
 

 この3年間、やってきた努力の成果をすべて出し切れるように 
 

 全力で頑張ります。」



 

妻中学校へ

  • 2012.06.13 Wednesday
  • 17:54
 

水曜日の放課後、妻中学校に本校の数学英語の先生が

中高連携教育の一環として3年間、出前授業に行っていました。

本校の3年生はその第1期生です。

 

本年度は新たな試みとして、これまでの成果を踏まえ、

中高連携の一層の充実のため、穂北中学校と三納中学校の3年生も対象にした、

聖陵セミナー」として生まれ変わります。

 

場所も本校の教室を利用しますので、

いつもとは違う教室の雰囲気の中、

学校の枠を超えて、切磋琢磨してくれることを期待しています。

そして、地域に自信と誇りを持ち、

地域に貢献する生徒の育成を目指します。

 

妻中学校生は徒歩か自転車で、

穂北中学校生三納中学校生西都市の支援を受けたバス

水曜日の夕方、本校に集まります。

そこで数学英語の授業を受けます。

 

今日は妻中学校の3年生170名余りの生徒の皆さんに

前生徒会長のグエンくん(妻中)と担当の盪垣萓塚田先生

説明に伺いました。

 

グエンくん妻高の良さを訴え、教頭趣旨を説明し、

両先生今年度の計画を示しました。

30分ほどの集会でしたが、

妻中学校の生徒の皆さんの聞く態度の良さに感動しました。すばらしかった。

正座、礼」の美しさ顔を上げて聞く姿勢私語のないこと

いずれも申し分ありませんでした。

頼もしく見えました。

 

中学3年生の皆さんの夢を一緒に叶えたいと思います。

妻高だより 第15号 発行しました

  • 2009.12.02 Wednesday
  • 16:36
 「 妻高だより」第15号(11/15)をアップしました。
※携帯電話では正しく表示できません。パソコンでご覧ください。

http://www.miyazaki-c.ed.jp/tsuma-h/2009-pdf/09-1115.pdf

▼ 妻高だより 第14号 発行しました

  • 2009.09.30 Wednesday
  • 11:35
「 妻高だより」第14号(10/1)をアップしました。
※携帯電話では正しく表示できない場合があります。パソコンでご覧ください。
http://www.miyazaki-c.ed.jp/tsuma-h/2009-pdf/09-1001.pdf

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

妻高校へ

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode