「文化の部2日目です」

  • 2013.08.31 Saturday
  • 19:11
 

 

 

 

 

本日の会場は、西都市民会館。


台風15号は、生徒の熱気で温帯低気圧に・・・


開催できて、一安心です。

 

クラスCM。本日は3年生の5クラス。



 かっこいいリズム感ある動き、ひょうきんなダンス、ほとばしる笑顔・・・


 どのクラスも趣向を凝らし、CM自体が立派な作品です。


(さすがに3年生。・・・クラスの良さがそのままよく出ていました。)

 

 

英語弁論 水元 マリー夏香さん(1年 上新田中出身)


  タイトルは「Being my self」


 「・・・国籍や肌の色などを問う前に、一人の人間としてみてもらいたい。・・・」



(もちろん、英語での表現です。が、内容そのものにも、大変、説得力がありました。自分自身の心の葛藤、それを支える家族の温かさ・・・思わず、聞いている皆さんからは、大きな拍手、拍手・・・)

 


福祉科 2年 横山 加奈さん(佐土原中出身)


  題は「前半の介護実習を終えて」

「93歳の女性が、つい、もらした言葉“手が震えてだめじゃ”。これに対し、何もできなかった自分。
  

(話しが具体的で、実感として伝わってきました。また、パワーポイントの使い方も上手です。)



普通科 2年 西山 宗志郎君(生目中出身)


  題は「子どもの行動と愛情表現」


「インターンシップで訪問した“子どもの家保育園”。子どもを観察する中で、子ども達のそれぞれの個性に注目。将来の夢である教師として、個性を理解し合える様な子ども達を育てたい。」

(うーん、実に立派です。)

 

 

 

 

演劇部   テーマ「ロカドル」




地元アイドルをテーマにした劇でした。

(脚本は顧問の長友先生のオリジナル作品)






コミカルなやりとりを、客席も含め(時にアドリブもあり)、

ユーモアたっぷりに




   ・・・(みんな笑って元気になりました。)

 




3年合唱コンクールです。



 2組 赤い糸

 指揮者 小川祥一郎君(三納中出身) 伴奏者 井上晶恵さん(穂北中出身)

 

 5組 やさしさに包まれたなら

     指揮者 伊東春喜君(妻中出身)   伴奏者 圓目奈津美さん(本庄中出身)


 

 4組 浪漫飛行

     指揮者 岡部友哉君(妻中出身)

 

 3組 カントリー・ロード

     指揮者 吉野安紀さん(新田中出身) 伴奏者 黒木裕美子さん(妻中出身)

 

 1組 春に

     指揮者 竹内健人君(妻中出身)   伴奏者 岡田真央さん(妻中出身)

 

 




「今年はレベルが高い」と片山先生のお言葉。


本当にどのクラスも本格的な合唱で、聴衆を魅了してくれました。

後輩達も、口々に

「先輩たちはうまい。格好いい。」と言っていました。


3年生の皆さん、本当にありがとう。立派な姿勢、後輩の目に焼き付きましたよ。

 

 


合唱部 


  かわいい帽子で、ダンスしながらの楽しい歌。


  (手拍子がおこりました)



  無伴奏女性組曲「浮舟」〜源氏物語の和歌による〜



幾重にも重なって、音の玉が、耳に次々と飛び込んでくるようです。


それも、まだら模様の色がついている玉が

塊になって迫ってくるようで圧倒されました。

 



吹奏楽部  



   黒木太一先生が、真っ白な出で立ちで登場。(大歓声です)

 

 

アマちゃんのテーマソングで、みんな、ノリノリです。

   

 



指揮者体験コーナーでは、サッカー部が登場。

釣り竿の指揮棒。



皆を笑わせてくれます。

 

 

 

   福祉科の3年生も登場。こちらは、キューリ。

 

 

 

   最後に、テーマ曲を皆で歌います。肩を組んで、右に左に・・・

 

 

閉会式の前に、写真部が作成してくれた作品を皆で鑑賞しました。

 

 

閉会式です。



成績発表  

 個人発表の部  優勝は白組

         MVPはバンド“TCK”

 

 クラス展示の部  優勝は1年2組“モーリーの館”

 

 

 合唱コンクール 優勝は3年3組

         

     2位は3年1組

                       

     3位は3年2組

 

 

校長先生の講評です。



「Reborn(リボーン)。生まれ変わった。再生した。

  この言葉で始まった今年の文化祭は、レベルの高い、格調の高いものでした。


 ・・・この後、『伝統』のことに触れられ・・・

 
  良き伝統を引き継ぎつつも新しいものを取り入れ、

  成功させた生徒諸君へのねぎらいの言葉と次の短歌で締めくくられました。

 


“古き良き この伝統を守りつつ 



今を築こう 我ら妻高”

              


前生徒会長 盒供/慎櫃気鵝併虻眞羹仗函砲虜酩

 

校長先生の話を聞く皆さんの後ろ姿・・・



“自分たちに誇りを持つ”とは、こういうことなのですね。



 

 

来週は、火曜日からスタート。

次は、9月7日(土
)の体育の部です。



コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/27 11:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

妻高校へ

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode