妻高名所探訪 第2回 「旧制妻中学校門柱跡」

  • 2009.10.28 Wednesday
  • 19:41


 本校のグラウンドの端に、旧制妻中学校の門柱跡が残されています。現在は、写真のように一部だけですが、往時の様子を偲ぶことができます。

 下記の文は、その門跡のそばに立っている掲示板に書かれている文です。妻中学校時代の方達の気持ちが伝わってきます。
 
本校にお出での際は、ぜひご覧下さい。
                                                                              
 本校の前身宮崎県立妻中学校は大正12年に設立された。当時県内には、延岡中
(延岡高校)、高鍋中(高鍋高校)、宮崎中(大宮高校)、飫肥中(日南高校)、都城中(都
城泉ヶ丘高校)、小林中(小林高校)、と妻中(妻高校)の七中学校があった。    
 
 受験生二百五十名の中から、入学許可された五十五名の第一回生から数えて、第二十
一回生までの千四百余名の先輩たちがこの聖陵ヶ丘で学び、現在各界の第一線で活躍し
ている。                                                                    
 
 この門柱は、「質実剛健」の校風を身につけて、巣立った幾多の聖陵健児の青春の記
念碑である。                                                                



門柱の横にある掲示板です。


掲示板を後ろから見たところです。
掲示板の横に、小さく門柱跡が残されています。
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

妻高校へ

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode