「妻高生の声」第2弾をお届けします!心に沁みる文ですね!!

  • 2010.02.04 Thursday
  • 17:14

 2月4日 木曜日


「妻高生の声」第2弾をお届けします!
昨日お届けするとここで発表しておりましたが、都合により本日になってしまいました・・・。申し訳ありません。


改めて、本日の「妻高生の声」は、後田夏美さんです。


        後田夏美(福祉科3年5組・住吉中学校出身)


    私は小学校高学年の時から父と2人暮らしをすることになりました。初め
   は寂しく、2人で大丈夫だろうかとすごく不安でした。でも1ヶ月、2ヶ月
   と過ぎるうちに2人の生活にも慣れてきました。父は料理や洗濯、買い物等
   をしながら、私をここまで育ててくれました。


    私は中学2年の12月まで神奈川県にいました。父は宮崎出身で、祖母が
  「2人で住んでるなら家が空いているから帰っておいで」と言ってくれました。
   祖父や祖母は父や孫の私が宮崎にいることを喜んでくれたし、私も一緒にい
   られることがうれしかった。でも神奈川県と違い給料が少なく、少し苦しい
   時もありました。でも父は笑って大丈夫と言っていました。


    そして私を高校に通わせ、やりたいことをさせてくれました。私はそんな
   父を尊敬し誇りに思っています。そして支えてくれた周囲の人にも感謝して
   います。


 苦労を周囲の人達への感謝へと結びつける、優しい心の溢れた文章だと思います。







calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

妻高校へ

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode